What

HATAJOラボとは

HATAJOラボは、企業の壁、世代の壁を越えた働く女性(HATAJO)が集まり、

共に学び、互いに課題を出し、話し合える場を提供することで、

女性が笑顔で働ける職場を増やしていくことを目的に活動しています。

「新生HATAJOラボ」活動開始!

いまよりもっと輝ける -さあ、仲間とともに学び、考え、アクションを起こそう

HATAJOラボは、年間4回のラボ(セミナー&ディスカッション)を実施し、各回ごとのテーマに沿って企業の垣根を越えて共に学び、考え、意見をカタチにし、各職場において、HATAJO(働く女性)自らがアクションを起こしていく機会の提供を行っています。
第6期の本年度からのHATAJOラボは、ラボとしての活動を深めるため任意団体として活動を再始動します。年間を通じてのラボ、HATAJOパーティーのほか、あらたにリーダーのための特別研修、HATAJOラボ実験室を設置し、創発的な活動も目指します。

【HATAJOラボの参加について】

企業単位、個人単位での参加ができます。
必ず、こちらの規約をご覧になってからお申し込みください。
参加申し込みは、hatajolab@gmail.comまで、ご連絡ください。

■企業会員会費
88,000円(税込)
年間4回のラボ(5人まで/各社)、リーダー研修(1人限定/各社)
※ラボは、1回22,000円(税込)での参加も可能です。

■個人会員会費
年会員=5,500円(ラボ4回参加可能。税込)
単発参加会員=1,650円(ラボ1回参加。税込)
※個人会員は、リーダー特別研修参加不可。

【お問い合わせ】
HATAJOラボ事務局 担当:北川涼子
〒063-0842
札幌市西区八軒2条西4丁目1-10-103
電話:080-5588-3616 
Email:hatajolab@gmail.com

【HATAJOラボ役員紹介】

【HATAJOラボ代表 岡本 真なみ】

5年前に初めてHATAJOラボに関わったとき、「意地になって踏ん張らずに、自分の意志に正直に一歩を踏み出してみよう!」という晴れやかな気分になったことを、今でも鮮明に覚えています。
様々な環境で働く女性と一緒に学び、意見を交わし、あらたな視点を得ることで「昨日と違う自分になれる場」がHATAJOラボです。
ラボを始点とした働きやすい職場環境の実現に向け、任意団体HATAJOラボをこれからも大切に育んでいきます。

【HATAJOラボ副代表 加茂 有美】

”楽しい”は伝染する。私が第1回HATAJOアワード(働く女性によるスピーチコンテスト)で伝えたメッセージです。
それぞれのライフステージで、日々チャレンジしている私たち。同じく頑張っている仲間の存在はとても心強い!そんな仲間と出会い、自ら仕事を楽しむ「変化の種」を見つけられる場が、HATAJOラボだと思います。
ラボをきっかけに、”楽しい”の輪を広げませんか?
私はセミナーの様子をグラフィックレコーディング(グラレコ)で楽しくサポートします♪

グラフィックレコーディング(グラレコ)とは? 会議やセミナーの内容をタイムリーに、キーワードやイラストで「見える化」する手法。これにより、理解度が深まり、コミュニケーションを助けるツールにもなると言われています。

【HATAJOラボ事務局長 北川 涼子】

事務局を預からせていただく北川です。20年間の会社勤めの中で、道内、東京で多くの企業と関わらせていただき、たくさんの働く女性と出会い、一緒に仕事をさせていただきました。商談相手が女性というケースがどんどん増えていった20年だと思います。判断力にあふれる女性、創造性が豊かな女性、細やかな仕事と心配りで会社を支える女性。たくさんの働く女性に支えられた20年でもありました。
その一方で、結婚・出産を機に企業を去っていく女性を少なからず目の当たりにしてきました。現場で活躍する女性は増えているものの、管理職になる女性はまだまだ少ないと感じています。また、女性同士ではビジネス上のネットワークがなかなかできないのが現状です。
そんな経験から、この度任意団体HATAJOラボの運営を裏方から支えていきたいと考え、運営に参画させていただきました。
HATAJOラボの活動をきっかけに、一人でも多くの女性が自分らしく仕事と人生に向き合えたら-と願っています。
楽しい活動にしたいと思っていますので、少しでも興味がある方は、気軽にお問い合わせください。

【HATAJOラボ監査役 山口 友里】

HATAJOと出会った時、まだ会社員で第二子妊娠中というタイミングでした。
違う業界の働く女性との繋がりは、学びや気づきがあったり、何より「同じように頑張っている女性がいるんだ…!」という勇気になりました。
独立してからもファシリテーターとして、楽しく関わらせていただいたHATAJOラボ。
今後はHATAJOの広報活動にも力を入れていき、働く女性たちの未来のために、たくさんの企業・働く女性にHATAJOを知って、参加してもらいたいです。